2018.10.09

【家づくりについて学ぼう ~第32弾~】

こんにちは

最近はだいぶ涼しくなってきましたね

朝晩は冷えますし、体調を崩されないよう気を付けてお過ごしくださいね!

今日はシリーズ『家づくりについて学ぼう』

第32弾のテーマは『住宅ローン控除とは』

 

お客様からよく質問される

『住宅ローン控除を適用するにあたって単独名義と共有名義のどっちが得なのか?』

という内容についてお伝えしていきたいと思います。

 

例 ご主人の年収が400万円、奥さんの年収が200万円、お子さん2人と仮定します。

ご主人の所得税を75,000円、住民税を150,000円、

奥さんの所得税を40,000円、住民税を80,000円、

借りた住宅ローンの金額を2500万円、

年末の借入残高を2450万円と設定した上で考えてみましょう。

すると、控除される上限額は245,000円(2450万円×1%)となります。

もし、これをご主人単独名義で借りたとしたらこうなります。

まず、ご主人が支払った所得税は全額還付されます。

でも、245,000円ー75,000円=170,000円が余ってしまうことになるので、

ここから来年度支払う予定である住民税から控除してくれるようになります。

ただ、住民税の控除最大額は135,000円と決まっているので、

135,000円分は控除してくれますが、170,000円ー135,000円=35,000円が

控除されずに終わってしまいます。

もし、お客様がこの住宅ローン控除の恩恵を最大限に受けたいと思うなら、

働いて収入があり、所得税と住民税を支払っている奥さんにも、

少し持ち分をもってもらえばいいでしょう。

つまり共有持分にするというわけです。

例えば、ご主人の名義を5分の4、奥さんの名義を5分の1に設定したとします。

すると住宅ローンの割合は、ご主人が2000万円で奥さんが500万円ということになります。

そして借入残高を、ご主人が1960万円、奥さんが490万円と設定してみます。

こうなると、ご主人の方は、同じように所得税を全額還付されつつ、

住民税の控除を全額受けることが出来るようになります。

(196,000円ー75,000円=121,000円<135,000円(住民税最大控除枠))

さらに、奥さんも所得税が全額還付されることになりますし、

住民税からも49,000円ー40,000円=9,000円が控除されることになり、

結果、控除されるべき最大枠を全て使い切ることが出来るようになります。

ただし、この制度を適用するためには、当たり前ですが、

収入を得て所得税と住民税を支払っていることが絶対条件となるので、

10年間奥さんも働き続けないと、わざわざこうした意味がなくなってしまいます。

ですから、今後出産予定があり仕事を辞めてしまうようであったり、

育休に入り給料が減ってしまうようであればあまりこの方法はオススメ出来ないので、

もし、そんな予定がある場合はよく考えてどうするかを決めるべきです。

ということで、家を建てようとお考えのお客様は、

こういったことも考えつつ、家づくりをしていただければと思います。

皆様の家づくりの参考になりますように・・・

2018.10.02

【家づくりについて学ぼう ~第31弾~】

こんにちは

 

9月29(土)・9月30(日)と見学会を開催致しました

台風も重なり、お足元の悪い中、お越しいただき

ありがとうございました!!

 

さて、今回は

シリーズ『家づくりについて学ぼう』

テーマは『住宅ローン審査について』

 

家を建てるほとんどの方が、銀行で住宅ローンを利用されると思いますが、

タイミングや選ぶ商品によって、同じ額の買い物をしたとしても、

大きな差がついてしまうのが、住宅ローンの怖いところです。

そして、家づくりの怖いところでもあります。

ですから、家づくりで損したり失敗しないためには、

この住宅ローンの知識を少しでもつけること、

自分にピッタリ合った住宅ローンを選ぶことが必要不可欠になってくるので、

今回は、その住宅ローンについて、お話させていただきますね。

住宅ローン審査で知っておくべきこと

銀行が融資を実行するということは、大きなお金を動かすということですから、

貸す前の審査段階において、債務者となるあなたにお金を貸しても大丈夫なのか?

お金にルーズな人じゃないのか?本当に信用出来る人なのか?

ということについて調査をします。

そして、それは銀行の営業マンが、あなたのところに行って

根掘り葉掘り色んなコトを聞くわけではなく、

第三者機関を利用してあなたの信用調査を行います。

 

そこで大事になってくるのが、支払いの状況です。

車のローンがあるから住宅ローンが借りられない、

リボ払いでローンを組んでいるから住宅ローンを借りられない、

高い金利のところでお金を借りているから住宅ローンを借りられない、

といった話をお聞きしたことがあるかと思いますが、

これらは申し込む銀行によっては全く問題ないわけで、

それよりも、それらの返済が遅れていたり滞っていたりする方が

よっぽど心象が悪くなり審査に響いてきてしまいます。

また、意外な盲点かもしれないのですが、

一番気を付けていただきたいのが、“携帯電話料金”の支払いです。

ここ最近の携帯電話の本体代金は、分割払いである場合がほとんどです。

そしてこれは“ローンを組んでいる”ということに該当します。

確かに携帯電話料金であれば、金額は小さいかもしれません。

でも、金額が小さいがゆえに、例えば振り込み忘れてしまったような場合でも、

『面倒くさいから、まとめて払ったらいいかー』なんて状況を起こしやすいんですよね。

そしてこれが、住宅ローン審査において、命とりになりかねないことになってしまいます。

ですから、携帯電話の支払いには必ず気を付けていただければと思います。

ホント些細なことに思ってしまうかもしれませんが、

携帯電話のせいで住宅ローンが組めないという方も決して少なくないので、

そろそろ家づくりをしたいなとお考えのあなたは、

決して“金額が小さいから”と侮らないよう!毎月の支払いをするようにしてくださいね。